2010/01/19

パリのはちみつがおいしい理由 Miel de Paris

冬はいっぱいはちみつを食べます。
朝は熱い牛乳にいっぱいはちみつを入れて、パンは焼いたらはちみつをのせて食べます。

はちみつはのどのボディーガードをします。体を元気にします。

いろんな種類のはちみつを食べると楽しいです。
どこの場所で、どの花で、味が違うから食べるとおもしろいです。

その中でひとつおもしろいのは、パリのはちみつ。
パリのはちみつは昔からあるけど最近から有名になりました。

パリのはちみつでイメージするのは、都会だから空気汚いからおいしそうじゃないと思うかもしれないです。

でも、パリの公園やパリにある花の木は、薬を使っていないです。
町のガーデナーは薬は使っていけないと決まっているから、町の木には薬を使いません。

田舎の、例えばりんごやアプリコットや桃や、食べ物のためのファームの木は薬を使います。
パリの方の木は農業のためじゃないから、そのままできれいだから薬は使わないです。

パリのはちみつからはときどき少しの鉛を見つけるけど、安全レベルより少ないです。
これは、空気からくるか水からくるか、どこからくるかわからないです。
果物や野菜にある薬や鉛の方が多いくらい少ないです。

パリではちみつを作っている会社や人はけっこういます。

パリで最初に作ったのは1983年。
Opéra Garnier(オペラガルニエ)のアクセサリストJEAN PAUCTOUがオペラガルニエの屋上で作りました。

町は田舎よりもっと暖かくて、暖かいから花がいっぱい早く出ます。
はちは田舎より町のほうが楽に住むことができます。
だから、田舎より1年の間にとれるはちみつの量は倍あります。
オペラガルニエのはちの箱1箱から1年の間に70kgから100kgのはちみつがとれます。
オペラガルニエのはちみつは、少しレモンとミントの味がします。

Grand Palais(グランパレ)に置いた2つのはちの箱は、2009年5月に置いて2009年9月にすでに50kgのはちみつがとれました。

田舎なら、ファームがあるので同じ種類の花のはちみつが多いです。
でもパリはいろんな花があるのでいろんな花のミックスのはちみつです。

フランスの中でどこでも、はちみつを作っている人や自分で作ってはちみつを売る店があります。フランス中どこでもあります。

パリだけで300個のはちの箱があります。1個の箱で50kgくらい1年でとれます。
町も、パリだけじゃなくて、Lille, Besançon, Nantes, Martigues, Angoulêmeでもいっぱい作っています。パリだけが特別じゃないです。
フランスの国はこのことが増えるようにしています。

田舎ではちは毎年いっぱいなくなります。
毎年フランスだけで35万個のはちの箱がなくなります。
これはすごく困ることです。
野菜や果物の食べ物は、はちが受粉して、はちからできます。
だからすごく心配なことです。
どうして世界からはちがいっぱいなくなるか原因がまだわかりません。

もちろん田舎のはちみつもおいしいです。
でも町のはちみつは悪いイメージをするけど、パリのはちみつの方が薬がない花からとれます。

だから、パリに行くならパリのはちみつを食べるといいと思います。
フランスはいろんな場所でいろんなものを作っています。いろんな農業があります。
例えば、南ならラベンダー、アプリコット、プラム、桃とか。
りんごの木が多いところもあります。
場所で木と花が違います。
パリなら果物の木じゃないです。

フランスのいろんな場所のはちみつを食べて楽しい冬にして下さい。

パリのはちみつはいろんなところで買えます。日本で有名なFauchon Parisでも買えます。
Fauchon Paris
MADELEINE MARKET Online shop


今日もマルセルにクリックで応援をお願いします:)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
できれば2つともクリックして下さい。お願いします:-)

フランス語で経済についてブログを書いています。






5 件のコメント:

maitasu さんのコメント...

ご無沙汰しています、マルセルさん^^
舞タスです。覚えていますでしょうか^^お元気でしたか?

はちみつが売られているのをよく目にするので気になっていたんです!今度、ぜひ買ってみようと思います^^

Koko さんのコメント...

毎朝蜂蜜を欠かさない私、とても興味深く読ませていただきました。
季節の変わり目にアレルギーで苦労する私に『地元で採れる蜂蜜を食べると効果があるよ。』と職場の同僚が教えてくれました。それ以来ずっと続けています。

でもパリの蜂蜜を是非試してみたくなりました。毎日オペラガルニエの傍を通って通学していたあの頃、建物の屋根の上で beekeepers が働いていたなんて…なんだか楽しくなりますね。

そう言えば、私の友達(フランス人)も蜂蜜が大好きです。

junjun さんのコメント...

先週だったかテレビで偶然オペラの屋上に蜂の巣箱があるって言うのを見たところです、だから今日のタイトルを読んで「知ってる~オペラにもあるんだよね」って思いました。

蜂蜜は本当に体にいい糖分なんですよね、例えば唇の荒れにも効く、こっちでご飯を炊く時にも少し入れてあげると艶が違います。

私は蜂蜜をたっぷり入れて作るカステラが大好きです、お料理好きそうなマルセルさん、何か蜂蜜を使ったお料理教えて!!

Marcel さんのコメント...

maitasu san,
おひさしぶりですね。ひさしぶりのコメントうれしいです。
おいしい蜂蜜あったら教えてくださいね。

Koko san,
コメントありがとうございます。
日本は蜂蜜の種類が少なかったと覚えています。フランスは種類も多いですから毎朝食べても楽しいですね。

junjun san,
そうですね、蜂蜜の料理の紹介いいですね。
蜂蜜のたっぷりのカステラのレシピも教えて欲しいです。

petit-KAKA さんのコメント...

Bonjour! マンセルさん。
パリでは薬を使ってないのは驚きでした。
ますます花が綺麗に見えてしまいます。
バゲットとフロマージュに蜂蜜!!私がフランスを離れたくない理由の一つです。

野菜スープは病気の時の良さそうですね。
教えてくれてありがとうございます。
petit-KAKA

Related Posts with Thumbnails