2010/01/02

お正月イブは車を燃やす 1137 voitures brûlées en une nuit


2009年のお正月イブ、つまり12月31日、

フランスで燃やされた車は1137台。
去年より10台少なくなりました。

国は12月31日の安全のために、警察官を全国で45,000人出しました。
消防の人は50,000人です。
フランスは花火のときは必ず消防の人を出さないといけないので、50,000人は花火と車のためです。

警察官45,000人のうち、パリ市だけで8,000人の警察官が配置されました。
パリ市は北から南までだいたい1時間で歩けます。8kmくらいです。
その中に8,000人の警察官。

国はこれだけのことをしたけれど、車を燃やされた数は去年よりたったの10台しか少なくなりませんでした。

フランスの防衛省はこれですごく喜んでいます。
「去年より少なくなったから、よかった」って。
UMP(メインの政党)もすごく喜んでいます。
「31日は困ることが少なかった」って。

フランスの国の中で、1日で1,137台の車が燃やされて、どうして喜んでいられるのでしょう。

数年前からティーンエイジから20代くらいの若者の間で遊びで車に火を付けることが流行っています。
12月31日に車に火を付けるのは、もう文化になってしまっています。

ティーンエイジたちには、ゲームでしかありません。
彼らは、フランスにお金くださいとか、仕事くださいとかじゃない。
貧乏とか儲かるとかも関係ない。
何の主張もない。
彼らにとってただのゲームです。

悪い子じゃなくてもやっているし、
小さい町でもやっている。
本屋の息子や保険屋の息子や、普通のいい子が楽しいとかかっこいいでやります。
(本屋、保険屋と言ったのは、私の近所の息子たちだから)

これはとってもやばいこと。

UMP(メインのパーティー)が「今年はよかった」と言ったのは、
逮捕した人が去年より倍の500人近い人数だったことだけ。

警察官を去年の35,000人から10,000人増やしても、燃やされた数は10台少なくなっただけ。

今年は16人の警察官がトラブルがありました。
去年は4人。
去年より4倍!

UMPの政党は、今年はすごいよかったって言うけど、彼らはコメディアンの政党みたい。
普通では考えられたいことをします。
いつも笑ってしまうようなあきれる問題ばかり。
(このことは後日書きますね。)

違う政党は、
「え!?これはいいことですか?10台少なくなっただけ。これは本当に心配のこと」と言っています。

フランスは国的に、1,137台の車を守ることができなかった。
これは心配。

普通の国民は仕事大変、税金もすごく大変。
でもティーンエイジたちは、自分の楽しいのためにこんなバカなことをやる。
これを警察たちは何もできなかった。

フランスの国的にすごく問題がある。
大丈夫じゃないことです。

ティーンエイジたちは、これを毎年やっています。
お金や仕事がほしいんじゃない。
ゲームでやる。

何、この世界!?



今年もクリックでマルセルの応援お願いします!
あなたの1クリックでマルセルはとても幸せです:)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
できれば2つともクリックして下さい。お願いします:-)

フランス語で経済についてブログを書いています。






3 件のコメント:

petit-KAKA さんのコメント...

Bonjour マルセルさん
ゲームで車を燃やす・・・困った問題ですね。
どの道も片側が駐車で埋めつくされているから、火がつけやすいのかもしれませんね。
私がパリに来て驚いた一つは路上駐車の台数でした。
そしてその車間が狭いこと!!
どうやって縦列駐車するのか知りたくて、見ていたら前後の車にぶつけながら駐車してました。
バンパーの役割を初めてパリで知ったわけです。;)

マルセルさんは車の運転・駐車は上手ですか?
petit-KAKA

junjun さんのコメント...

問題は教育だと思います、人に迷惑をかけることは絶対にいけないということを子供に教えていない親が多すぎる。

フランスって子供の数ばかり多くて、子供たちは勝手に育ってるって言ううちが多いでしょう?子供はいくらいてもいいけど、しっかり教えるべきことは教えなくっちゃ。
それが出来ないのなら子供を作るなっていいたいわ。

私が怖いのは今の子達が親になるとき、子供にいったいどんな教育をするんだろう。自分が頑張ってやっと買った車に火をつけられたときにその人は自分がやってきたことを反省すかもしれないけど、それじゃ遅いんですよね。

前に都市部に住んでいたときは、何かあるたびに車が心配でした、今はちゃんと個人のガレ-ジがあるからその点は安心なんですけれどもね。

フランスには趣味だけで車を持っているって人は少ないでしょう、みんな働きに行くための大事な車、これに火をつけて何が楽しいんでしょう、人のことを思いやれなくなったら国をしてはもうだめ、フランスはもう末期です。この国に住んでいるのが怖いです。

Marcel さんのコメント...

petit-KAKA san,
こんにちは。運転も車も好きですよ。
どの道も片側が駐車で埋めつくされているから、<---だから火をつけたらどんどん焼けてしまいます。考えられない世界です。

junjun san,
こんにちは。本当にそうです。もし朝起きて自分の車が燃えていたら、平気な人は1人もいません。すごく大変で働いているのに若いたちは遊びで火を付ける。どんな形に考える方向を変えても私には理解できないことです。

Related Posts with Thumbnails