2009/12/07

人と違うものをプレゼントしたい Idées cadeaux de noël













”他の人と違うフランスのお土産が買いたいけど、どこがいい?”
”フランスの雑貨をプレゼントに使いたいけど、どこで売ってる?”
と日本にいる日本人の知人やフランスにいる日本人の知人から聞かれることが多いです。
みんな、他の人と違うものを買いたい。本物のフランスのものを買いたいと考えています。
noël(ノエル)のシーズンで、クリスマスプレゼントを選ぶときに参考になるかもしれないです。

フランスのものを探すと、普通の大きいブランドのものしか見つけられないからそういうものは嫌、他の人と違うものが欲しい!でもお金はあまり使いたくないと言う人にお勧めは、etsyです。
etsyは、手作りのものやヴィンテージの服や雑貨を売っています。世界のどこからでも買うことが出来ます。
ここでは、フランスにあった古い雑貨や服や家具やかばん、フランス人が手作りした雑貨や服や家具やかばんが売っています。フランス人が手作りで作っているから絶対にフランスのものです。
etsyで売っている手作りのものは、ものの中に心が入っています。小さいプレゼントでも、ロボットじゃなくて誰かが心で作ったものです。安いけどものの中にストーリーが絶対あるからとてもおすすめします。
etsyのフランス人のアーティストです。プロも普通の人もいます。私も前に雑貨を売ったことあります。もし売りたい人は簡単にはじめることが出来ますよ。

もし、こういうetsyのようなコンセプトが好きなら、フランスに行くならアンティークのマーケットもいいと思います。パリのマーケットmarché aux pucesクリニャンクール 蚤の市)は有名だけど、観光の人も来るから値段は普通より高いです。
だから、特におすすめするのは、Emmaüsです。
これは、ものを捨てるときにその人たちに電話をすると取りに来て、その人たちが直してきれいにして、また売ります。捨てるときじゃなくてもお年寄りの人が亡くなったときにものをEmmaüsにあげるという人も多いです。
Emmaüsは、今年ではじまって60年です。教会の人が、家も仕事も食べるものも何も無い人のために作りました。何も無い人のために仕事を作ってあげます。物を売ったお金は自分たちのためじゃないです。自分たちはただで寝て食べることをする代わりに仕事をします。
パリ市には今4店舗あります。2013年には10店舗に増える予定です。
パリ市にあるEmmaüs
4e : 22 boulevard Beaumarchais, tél. 01 47 00 70 44
11e : 54 rue de Charonne, tél. 01 48 07 02 28
20e : 105 bd Davout, tél. 01 46 59 13 06
20e : 340 rue des Pyrénées, tél. 01 40 33 69 07

パリ市じゃなくても田舎でも全国どこでもあるシステムです。
パリ市では10店舗になるのでパリ市の人たちは喜んでいます。Emmaüsには、昔のかっこいいものやときどき新品のものもすごく安い値段で売っているし、ヴィンテージのすごくいい服も普通のお店よりすごく安くてちゃんと洗ってきれいにしているから臭くないし、おしゃれなパリの人やおしゃれじゃない人にも人気で、増えることがうれしいです。
Emmaüsで買うなら、買うことでお金が無い人のお手伝いになります。
ブランドの名前にお金を払うんじゃない、服ならその服の値段、雑貨ならその雑貨の本当の値段で、そのものに本当に似合う価値のお金で買うことが出来ます。

アメリみたいな雰囲気が好きな人はEmmaüsに行けばできると思います。お年寄りの人のものが多いから古いものを見つけるのにとてもお手伝いします。映画を作る人たちもよくここでアクセサリーや服を買い物します。
Emmaüsのビデオです。お店のかんじを見たい人はどうぞ。

話は少し変わりますが、今年のフランス人が欲しいものトップ3は、1位 現金、2位 服、3位 小切手 お金ばっかりです・・・私のクリスマスギフトのアイディアは参考にならないね・・・

現金欲しいけどプレゼントにはもちろんよくないです!
フランスでNoëlのプレゼントの定番は、もちろんチョコレートです。クリスマスはチョコレートです。チョコレートは今がシーズン。いろんな種類のチョコレートが売っています。
チョコレートは、スイス、ベルギー、フランスが有名です。ショコラティエはフランスが1番、チョコレートはベルギーとスイスがトップレベルです。世界で1番チョコレートを食べるのはスイスです。
フランスのチョコレートはおすすめですが、日本に持っていくのは大変ですね。でも、日本にもフランスのチョコレートが買えるので、プレゼントに困ったらチョコレートをプレゼントするのもフランスぽいです。
日本で買えるおすすめは、
Jean-Paul Hevin   http://www.jph-japon.co.jp/
Pierre Herme     http://www.pierreherme.co.jp/
Fauchonが高島屋にあるので、Fauchonのチョコレートも日本で買えますね。

ヨーロッパのチョコレートはおいしいけれど、イギリスのチョコレートはヨーロッパのいうチョコレートと全然違うものです。英語圏のチョコレートはヨーロッパの基準ならチョコレートっていえないです。
なぜかというと、ベルギーやフランスはココアバターを使っている本当のチョコレートだけど、イギリスは5%までがベジタブルファットを使って牛乳は20%入っています。だからヨーロッパは、これは本当のチョコレートじゃないといって27年間喧嘩していて、2000年からイギリスのチョコレートがヨーロッパで売ることが出来るようになりました。
だから、本当のチョコレートを食べたい人やプレゼントしたい人は、イギリスのチョコレートは買わないほうがいいですよ。

フランスはショコラティエが世界の1番ですが、World Chocolate Master 2009は、日本人のShigeo Hiraiさんでした。日本人はワイン、料理、チョコレート、パン・・・とかいろんなことでWorld Masterになりますね。

日本にまだないニュースでフランスのニュースで聞きました。阪急阪神デパートのSt-Valentin 2010で、今年のフランスの大会で1番になった人が 阪急阪神デパートのSt-Valentin 2010のために"Tourmalet" というチョコレートを作りました。この人はピレネーの人で、チョコレートの中にチーズが入っているチョコレートをこのお店のためだけに作りました。
2010年のバレンタインにこのチョコレート食べる人いたら、感想聞きたいです。チーズが入ったチョコレートっておいしいかな。

ふう~指熱い。いっぱい書いたよ。もう指が火事になる。
プレゼントのアイディアどうでしたか?
気に行った人も気に入らない人も、話し長いよマルセル・・・。と思いながら1日1回応援クリックして下さい。褒められて伸びるフランス人ですから;-)

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ 人気ブログランキングへ
できれば2つともクリックお願いします!

フランス語で経済についてブログを書いています。
Journal de Marcel l'investisseur




-----------------------------------
フランス人はどうやって出会って、恋をするのか。を書いた本です。
Create your own banner at mybannermaker.com!
-----------------------------------

0 件のコメント:

Related Posts with Thumbnails