2009/12/28

フランス自然コスメショップ Au revoir Mr Yves Rocher


土曜日Yves Rocherが79歳で亡くなりました。

Yves Rocherは自然の植物を使った化粧品の会社の社長です。

日本にはお店がないみたいだけど、フランスではとても有名です。

高級品じゃないので、フランスの女性たちはほとんどみんなここで買い物すると言っていいです。

だって私のお母さんも買っているくらいだから。

Yves RocherはフランスのTHE BODY SHOPのような感じです。

THE BODY SHOPより売り上げは3倍あります。

世界30カ国、2,000店舗、スタッフは15,000人います。

Yves Rocherは、1959年から小さな村 La Gacilly でコスメの会社を始めました。

会社を始める前に、お手洗いに行った後にお尻が痛いときに塗るクリームをブルターニュのおばあさんから習ったレシピで作ったことが、自然の化粧品を作る始まりでした。

パリの新聞に広告を出して、1959年からメールオーダーで販売しました。

10年後の1969年に最初の店舗を作りました。

1988年には日本でも有名なPETIT BATEAUの会社を買いました。

いろんな会社を買って、どんどん大きい会社になりました。

1992年に1回リタイアして息子に会社をあげたけど、その息子が3年後に事故で亡くなったので、今まで社長をしていました。

Yves Rocherは、 La Gacillyで1962年から2008年の46年間村長をしていました。La Gacillyは、Yves Rocherができるまで、人口が800人くらいの村でした。

今では人口が2,277人。

その中でYves Rocherで働いている人は1,500人です!

会社が大きくなって人口が多くなったけど、観光でこの町に来る人もとても増えました。
毎年20万人が観光できます。

Yves Rocherは、村に植物のガーデンや化粧品に使っている植物のミュージアムを作りました。

毎年3000万個の商品を送る箱のなかにいつも村のパンフレットを入れて全国にLa Gacillyの宣伝をしました。

パンフレットには、ガーデンやミュージアムや村の小さなお店や村のことがのっています。

今では、La Gacillyは全国でみんなが知っている有名な村になりました。

Yves Rocherがあるから、小さな店やホテルも忙しいです。

La Gacillyは電車もないし、近くに大きな町もない、すごく田舎の小さな村です。

2200人の小さな村には1日2回、仕事の行き帰りのために朝と夕方に大きい渋滞ができます。信号も3つ出来ました。

Yves Rocherの会社は、どんどん大きくなってもずっと小さな村に会社があります。

村長は普通は村民の税金で村をよくしたり有名になるようにするけど、村長が自分のビジネスを使って村を大きくして有名にしたからおもしろい。

Yves Rocherが村に占める割合が大きすぎて、ちょっと危ないかんじもするけれど。

2009年のビューティーショップのカテゴリーでは、Yves Rocherが2009年の最優秀ビューティーショップに選ばれました。
ちなみに、2位はSEPHORA、3位はNocibé

102シャンゼリゼ通りにもお店があります。

クリックでマルセルの応援お願いします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
できれば2つともクリックして下さい。お願いします:-)

フランス語で経済についてブログを書いています。






-----------------------------------
フランス人はどうやって出会って、恋をするのか。を書いた本です。
Create your own banner at mybannermaker.com!
-----------------------------------

0 件のコメント:

Related Posts with Thumbnails