2009/11/25

怒るフランス人マルセル GALETTE


ニュースを聞いていたら、怒る人の方が心臓が元気で長生きすると言っていました。
怒らないで我慢していると心臓に悪いそうです。言いたい事を言って心臓にいいことしましょう!
ということで、このニュース聞いたから怒っていること言いますよ。マルセル怒っていますよ。
怒っているマルセルの話なんて読みたくない人は、ここでさようなら。また次来て下さい。でも、読んだらいいと思いますよ;)面白いと思いますよ;)
そして、日本人の感想を教えて下さい。

最初に言っておきますが、日本は好きですよ。人は優しいですしいい文化もあります。
一応、そのことは最初に言っておきます!

さあ、本題です。

以前、日本人の友達が、日本のコンビニでガレットを買ってきました。
これです。↓

”GALLETES”・・・

ガレットのスペルは”GALETTE”です。

FUJIYAは、名前を聞いてもわからないけど、このキャラクターはわかるのでとても大きい会社でしょう。
こんな大きい会社がGALETTEのスペルを間違えるなんて、どうしてそんなことになるかわかりません。どうして?誰か教えてあげる人いないですか?

まあね、GALETTEのスペルの間違いは仕方ない(仕方ないじゃないけど)と考えましょう。

それで、”GALLETES”食べたんです。

もう、驚きました。GALETTEと似ていることは何もなかったです。
全然GALETTEじゃないです。
GALETTEはフランスのクッキーです。バターを使った薄くて丸い固いクッキーです。バターの味がするクッキーです。
日本人がこれ(GALLETES)をGALETTEと思っておいしいと食べて、フランスへ来たときにGALETTE食べて、これはGALETTEじゃない!と言ったらどうですか?日本のGALETTEの方がおいしいよ!なんて言うかもしれません。(全然おいしくないけど)
フランスのGALETTEは本当のGALETTEなのに、GALLETESをGALETTEと思ったらおかしいでしょ。

例えばね、日本のカマンベールチーズはフランスのカマンベールチーズと全然違うけど、でもチーズの香りはします。でも、このGALLETESは全然GALETTEじゃない。バナナをりんごと言ったらおかしいでしょ?それくらい違うもの!

それにGALETTEはバターを使ったバターの香りがするからGALETTEなのに、このGALLETESの箱にはバター5%使ってると書いてあります。もうそれでGALETTEじゃないよ。

フランス人が、神戸牛をフランスで作って神戸牛って言う名前で売ってたら日本人はたぶんみんなすごく怒ると思うよ。それは神戸牛じゃない!!って。
それと同じくらいショックなことだよ。

日本人の方はこのことどう思いますか?
よろしければコメント下さいね。クリックでマルセルの応援もよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
人気ブログランキングへ

-----------------------------------
フランス人はどうやって出会って、恋をするのか。を書いた本です。
Create your own banner at mybannermaker.com!
-----------------------------------

6 件のコメント:

mai さんのコメント...

〝フランス伝統菓子「ガレットブルトンヌ」をお手本に、バターの風味豊かなソフトクッキーを作りました。ほろっとした生地をしっとりとしたクッキー生地に閉じ込めています。こんがりとした焼き色も美しい、贅沢で上質な味わいです。"
ってFujiyaのサイトに書いてありました。

"お手本"にしているって書いてあるのに、ソフトクッキーにしてしまっているんですね。しかも、ガレットと名のっている。笑
多分日本人は日本人好みに何でも改良してしまうんだと思います(よく言うと)。何でスペルを間違えているのかはわかりません。わざと間違えているの?とも思っちゃいます。

私は逆で、日本のものが変な風に改良されていても、残念だとは思うけど怒りはないです。
例えば、タイ米のパッサパサなおにぎりとか、パリの中国人が作るマズイ日本料理とか。
その土地にいいようになじんでればいいんじゃないか。みたいな。

でも100%コピー商品(パッケージ、商品名、見た目)、例えば偽物ポッキー、かっぱえびせん、ハイチューなどに対しては怒りを覚えます。
偽物クレヨンしんちゃんとかにも。(って食べ物じゃない。)

マルセルさんのブログ大好きです。
いつもYAHOOでフランスのニュースをチェックしているんですが、日本に入ってくるニュースなんてほんのちょっとなんですね。

Koko さんのコメント...

マルセルさんのブログは楽しみです。更新をいつも楽しみにしています。

私は今カリフォルニアに住んでいます。知り合いや同僚は私達(夫と私)が日本人だと分かると必ず『おいしい Sushi の店は?』と尋ねます。『日本に行かなければそんなモノは無い!』と答えています。Sushi 職人は大概日本以外のアジアの人です。同じ様な事がそれぞれの民族で繰り広げられています。イタリア人の同僚は、『アレはイタリアンではない!』と言いますし、メキシコ人も同じ。スウェーデンでは、矢張り日本を訪れたとき招待された東京のスウェーデンレストランがひどかったと言っていました。異文化の中で食文化を広めるのは大変難しいことだと思います。
ただ、日本人にとって Californian Sushi が受け入れられなくても、Californian people にとってハッピーならそれもいいかなと思っています。(私は食べませんけれど)

フランスに住んでいた間の2年間ですっかりパンのおいしさを知った私は未だに本当のバゲットに出会えない為(バゲットと名付けられたパンは沢山ありますが。)、朝食が随分つまらないものになっています。バゲットの為にもフランスに行きたい!と、夫に頼んでいるくらいです(笑)。

今回の不二家クッキーは少し別の話ですね。
『フランス伝統菓子「ガレットブルトンヌ」をお手本に』と説明するのなら、あくまでもお手本にした別のクッキーとして独自の名前で、販売するべきだと思います。カタカナ名を付けたり、欧米諸国の名前を付けたりする事で消費者の購買意欲をそそろうとした意図が見えてきます。
日本では、コレが何故この名前?と思うモノばかりですよ(笑)
こういう事にはいつも私は怒ってます!

junjun さんのコメント...

日本って本当にこういうフランスの○○風のとか言うの好きなんですよね、で間違っちゃう。例を挙げたらきりがないけれど、某お洋服やさんや某洋菓子屋さん、実家の近くにはサロンド何とかって英語当てはめちゃっている美容院もあります。

で、不二家さんなんですが、もしかしたらわざとかもなんてちょっと思ってしまいました、フランスのガレットを食べたらおいしかったので一応これをまねてみたけど、まったく違うものが出来たからスペルも変えてみました、みたいな?

こっちにも名前からして日本じゃないじゃないですか、、と言うような日本食レストランがあります、異文化を利用するならしっかり理解して欲しいけれど、それができていないと言うのが現状、マルセルさんが怒るのも無理ないですけれどもね。

怒るのは長生きするにはいいかもしれないけれど、回りのみんなのためには笑っている方がずっと素敵。
いつもにこやかな感じのするマルセルさんの珍しい一面を見ちゃいました!

jumi さんのコメント...

なるほど〜!それじゃあ不二家のガレットってお菓子は全く別物ですね。興味深いです。
私はマルセルさんが腹立つのも当然だと思うので(だって本当のガレットを知ってもらいたいでしょうし)、「スペルも内容も全然違ってるよ!」と不二家に教えてあげたい位の気持です。何十年も前ならいざしらず、こんなに情報に溢れて世界が近くなった今、間違った事を伝えられるのも、受け取るのも嫌ですもんね。

話は少しずれるかもしれませんが、私は日本人が外国人から受ける間違った印象を曖昧に受け入れ、抗議しない事に不満を感じます。
これを言うと日本の友達に「別にそんなのいちいち相手にする必要ないよ」等と言われるんですが。
別に感情的にならずとも「違いますよ〜」って言っていいと思うんです。というか言うべきだな、って思います。でないといつまでも、例えば江戸川乱歩の「陰獣」の女性の設定が芸者になったりの繰り返し。。(フランス版の最近の映画です)
因にこの映画、ドイツタイトルでは完全に「芸者の秘密」になっていて、乱歩ファンの私としては何とも言いようがない気持になりました。。
今や経済では中国や韓国に注目が集まる中、おかしな日本のイメージしか残らず、では寂しいです。

ミネット さんのコメント...

はははははは。
いつも笑わせてもらってます。
マルセルさんがお怒りになる気持ちはわかります。
味も全然違うのならば、不二家はスペルはわざと変えてみたのかもしれませんね。
でも、Galetteを期待して食べたフランス人の方はきっと怒りますよねー。
でも、たぶんこれはお互い様。
ひとつ大きな例を挙げるなら、お寿司。フランスでもご丁寧に「寿司」と印字しながらSUSHIがパッケージで売られたりしてますが、ご飯の炊き具合も酢飯加減もネタも、日本の寿司じゃないもの。発音も「すし」じゃなくて「スュシ」だし。いっそ、「SOUCI寿旬」とか印字して売ったらどう?とか思っちゃいます。

Marcel さんのコメント...

みなさん、コメント頂いてありがとうございます。とてもうれしいです。

maiさん、タイ米のおにぎりや中国人が作るまずい日本料理は、おいしくないと思いますけど、でもおにぎりや日本料理を真似しているから、いいと思います。ガレットという名前とフランスの旗を使うなら、ガレットを真似して”日本のガレット”という名前にしたら、全然怒らないです。私のブログを気に入ってくれてとてもうれしいです。怒らないことも怒ることも書きますね。

Kokosanこんにちは。コメントありがとうございます。
レストランのことは、人が何人いたらみんなおいしいと思うことは違いますから、まずい日本料理やイタリアやメキシコやスウェーデンのレストランは、残念だけど仕方ないと思うです。
日本で行ったフランス料理の店は、フランスのレストランとは違うけどフランスぽくしたり、フランスの雰囲気を作っていました。でもガレットには1%もガレットぽいところがないです。
”日本では、コレが何故この名前?と思うモノばかり”<---そうですね。おもしろいものがあったら是非教えて下さい。
おいしいバゲット食べれないことは残念ですね。フランスのバゲットはもちろんおいしいですけど、日本のバゲットもおいしいもの多いと思います。パン屋さんはフランスより日本のほうが多いですよ。

junjunさんこんにちは。
そうですね、怒るのは私のまわりにいる人に悪いですね;)
このガレットを作ったところがFUJIYAさんという大きい会社だから、もっとショックでしたよ。小さい会社が中途半端なことをするのはあるかもしれませんが、(もちろんだめですが)、こんなに大きい会社が中途半端なものを作っていることが残念と思います。日本人が大きい会社が作ったものだから信用して、それがスタンダードになることがいけないと思います。
いつもいろんな意見を書いていただいてありがとうございます。とても楽しいです。

jumiさんおひさしぶりです。
”私は日本人が外国人から受ける間違った印象を曖昧に受け入れ、抗議しない事に不満を感じます。
これを言うと日本の友達に「別にそんなのいちいち相手にする必要ないよ」等と言われるんですが。”というのは、とてもよくわかります。私はいつもいろんなことを考えるので面倒くさいと言われてしまいますよ。
たくさんの人が、”別にそんなのいいよ”というから、何も変わらないです。GALETTEは”GALLETES”のまま、日本でガレットになってしまいます。
私も、違うよと言うことは大事なことと思いますよ。

ミネットさんこんにちは。
私のブログで笑ってくださりうれしいです:)
GALETTEに少しだけでも似ているところがあればいいですけど、1%も似ていることが無いから、これはGALETTEじゃないですよ。”スュシ”は米や酢を使っているから、笑いましたけど”スュシ”はスシみたいなものだと思うんです。だからそれは日本の本当のスシじゃなくてもスシを真似したものだけど、FUJIYAさんの”GALLETES”はGALETTEを真似しているところが1も無いから、だめと思いますよ。”GALLETES”を”日本GALLETES”という名前にして、フランスの旗の絵をやめたら、いいです。もう怒りませんよ:)
これからもブログ読んで笑っていただくとうれしいです。


怒ったから笑う話も書きますね;)
Marcel

Related Posts with Thumbnails