2009/09/28

電気代が安いフランスだからいいかも

フランスの電気代はヨーロッパで1番安いです。
それは、電気を作るコストが安い原子力発電でほとんどの電気を作っているからです。
まわりのいろんな国へ電気を輸出しています。

そんな電気が安いフランスでみんなが待っているのが、電気自動車。
すでにいろんな会社が電気自動車を作っています。

Heuliezは、バスや消防車や救急車をメインで作っているフランスの会社です。




電気自動車も作っていました。
会社は経営が大変になって、国もお手伝いをしないと言ったので、なくなりそうでした。
でも、せっかく電気の自動車ができたのだからこの会社がなくなるのはもったいないということで、ビジネスの大きい会社がHeuliezを買いました。
この会社はいっぱい会社を買う会社です。いろんな大きい会社を持っています。
この会社が買ったのでHeuliezも元気な会社になりました。

そして、なくなりそうだだった電気の自動車も無事に発売されることになりました。
Friendlyという車です。来年発売予定で、予約が出来ます。

http://www.heuliez.com

この会社は、社員が誰でもいろんなことを決めることが出来ます。
上の人に聞かないといけない、ということはありません。
その代わり、決めたことは2時間の中にやらないといけません。
会社が早く動くために面倒なことがないシステムを使っています。

だから、このFriendlyを予約するときも面倒なことは無いです。
ホームページの予約のボタンをクリックして、paypalで予約のお金€500を払います。
5分の中で車を予約できます。

フランスでは、国や会社や個人がもう何千台も予約しました。

電気代の安いフランスだからこれからもっと電気自動車が増えそうですね。

フランスってハイテクのイメージあまりないですよね。
でも電気自動車もたくさんありますし、数学が強い人も多いですよ。
私は日本のほうがハイテクのイメージでした。日本は電気自動車どうですか?

今日もクリックでマルセルの応援お願いします:-)

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
人気ブログランキングへ

-----------------------------------
フランス人はどうやって出会って、恋をするのか。を書いた本です。
Create your own banner at mybannermaker.com!

2009/09/26

まだ誰も持っていないもの欲しいですか? Wally-Hermes Yachts

欲しいな。

家?


ホテル?





船!!

これはHermesの船です。

すごいすごい素晴らしい船を作るモナコの会社Wallyと、日本でも人気のフランスのブランドHermesが船の会社を新しく作りました。
その名も”WHY” Wally-Hermes Yachtsという意味です。

もう、船じゃないみたい。

こんな船で世界一周したいな。
腕のいいシェフがいるな。

フランスは、日本と違ってそんなにお金持ちじゃない人も船を持っています。
船はとても人気です。
私は船を売ったので新しい船が欲しいです。

この船は無理ですけど。

まだ作ってないので誰も持っていません。(当たり前ね。)
お金に余裕がある人、誰も持っていないものどうですか?
↓船の中見えます。すごくかっこいいですよ。

http://www.why-yachts.com/


私は妄想の旅行に行きました・・・
妄想の旅行へ行った人もそうじゃない人もクリックでマルセルの応援お願いします:-)

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
人気ブログランキングへ

-----------------------------------
フランス人はどうやって出会って、恋をするのか。を書いた本です。
Create your own banner at mybannermaker.com!

2009/09/16

心が優しくなるいい話 Conte d'Amelie Poulain


フランスの北にDieppeという海の町があります。

そこにJeanine Vromantという名前のおばあさんが住んでいました。

彼女は結婚をしませんでした。子供もいませんでした。1人で生きてきました。

そして今年、彼女は83才で亡くなりました。

彼女は亡くなる何年も前から毎年遺書を書いていました。

今年書いた遺書には、彼女の財産の40,000,000円をあげる人たちの名前が書いてありました。

そこには、200人の名前がありました。

親戚や友達はもちろん、優しくしてくれた看護婦さんや薬屋さん、名前を知らない市役所の人、Dieppe市のバス会社の人、彼女に優しくしてくれた人たちの名前がたくさん書いてありました。

Dieppe市のバスの運転手さんは、足の悪い彼女のためにいつもバス停じゃないすこし前でとまってにっこり笑ってくれました。
運転手さん、メンテの人、オフィスの人、バス会社の40人の人に財産をあげるように書いてありました。
”特にインド人みたいな運転手さんには絶対忘れないで下さいね。”とも書いてありました。(彼は実際インド人ではないですけど;-)

市役所は5人の人にあげてくださいと書いてありました。どんな人か説明はあるけれど、彼女は名前は知らなかったみたいです。
名前が書いてないので探すのが大変です。

彼女のことがわかるように”私はおばあさんで、いつも2本のスティックを持って歩いていました。雨の日は白いレインコートを着ていました・・・”と彼女の説明も書いてありました。

彼女は結婚していなかったし、子供もいなかったのでもし彼女が遺書を書いていなかったら財産は国がとってしまいます。
だから彼女は、彼女に優しくしてくれたたくさんの人にあげたかったのかもしれません。

だいたい1人200,000円もらいました。
これでバス会社がもっと優しい会社になるとうれしいですね。

きれいな話でうれしくなりました。
クリックでマルセルの応援お願いします。コメントもよろしければ下さいね:-)

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
人気ブログランキングへ

-----------------------------------
フランス人はどうやって出会って、恋をするのか。を書いた本です。
Create your own banner at mybannermaker.com!

2009/09/14

フランス人の品格 Bienvenue en France

最近本当にフランスのトップの人たちにがっかりします。

これ見てください。
白いシャツと黒いズボンを着ているのはフランスの入国管理のトップです。日本なら外務省のなかそねさんだと思います。

まったく、信じられません。
こんなことする人に高い税金払っていると考えるともう残念です。

これは毎年夏にあるUMP(政党)の大きなミーティングのときです。
若い人たちと話していたときに近づいてきたカメラにしました。

日本では酔っ払って記者会見した大臣がすぐにくびになったけど(すぐやめるのはあまりいいこととは思いませんが。)、フランスではくびにはなりません。
本人もごめんなさいなんていいません。
「カメラマンと遊んでいただけだよ。もっとテーブルの下で見えないようにやったら良かった。それが残念だね」とインタビューで話していました。

他の大臣は同じミーティングのときに、アラビア系の人と写真を撮っていました。そのとき「1人はいいけどいっぱいなら困る」と問題発言を言いました。

どうしてトップの人たちがこんなにレベルが低いんでしょう。
サルコジも国民に汚い言葉を言ったことがあったし。

それにしても、入国管理のトップはBienvenue en France(ようこそフランス)と言う立場の人。こんな低いレベルのことをする人がいる国にだれが来たいですか?

皆さん、フランスが好きでもあのおじさんの真似しないで下さい。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
人気ブログランキングへ

-----------------------------------
フランス人はどうやって出会って、恋をするのか。を書いた本です。
Create your own banner at mybannermaker.com!

2009/09/11

人気の子供の名前 palmarès des prenoms d'enfants en France


2008年フランスで1番人気の名前は、

男の子は、Nathan(ナトン)
女の子は、Emma(エマ)

Emmaは2006年からずっと1番人気です。
NathanもEmmaもフランスの名前じゃないけどね。

今日は短い記事でした。
ふ~ん、あらそうですかの1クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
人気ブログランキングへ

-----------------------------------
フランス人はどうやって出会って、恋をするのか。を書いた本です。
Create your own banner at mybannermaker.com!

2009/09/09

女性のためのゲーム Oh My Dollz


今フランスの女性に人気の無料オンラインゲーム"Oh My Dollz"
フランスではもう300万人以上が登録しています。

女の子のキャラクターを自分で作って、仕事をして、アパートを借りて、買い物をするというゲームです。
このゲームを作った会社は、はじめは12歳から17歳の女の子をターゲットにしていました。でも実際は30代の女性にも人気があるようです。

お金の通貨はdollarではなく、dollらしいですよ。
ゴールは買い物。いかにも女性らしいゴールですね。

私がやっていたら気持ちが悪いのでやってないです。それにもともとゲームは苦手です。
買い物が好きな女性の皆さん試してみてください。本当にあるブランドもお店があるみたいですよ。
http://www.ohmydollz.com/

今日もクリックでマルセルの応援をお願いします:-)

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
人気ブログランキングへ

-----------------------------------
フランス人はどうやって出会って、恋をするのか。を書いた本です。
Create your own banner at mybannermaker.com!

2009/09/08

サルコジより小さい人募集 1m68 maximum


このニュースに呆れました。
ベルギーのテレビが取材してわかりました。

サルコジは先週の木曜日に工場に視察に行きました。
工場までの道は関係ない人が入れないようにしたり、工場を見て従業員にインタビューしてパーフェクトにその視察は終わりました。
過去にサルコジが農業の祭りに行ったとき、おじさんから握手を拒否されてサルコジが汚い言葉を言ったことがありましたが、そういうことはないパーフェクトな視察でした。

それもそのはず、その工場にいた従業員は全員その工場に関係ない人でした。
その工場で働いている人だと、工場の悪いことや国の不満を言うかもしれないので、その工場に全然関係ない人が工場で働いているふりをしていたのです。
普通この工場には400人くらいが働いていますが、サルコジが来たときは500人のうその人たちがボランティアでみんなでバスに乗って来ました。
その工場にいたうその人たちはみんな同じくらいの身長の人が選ばれたました。ビデオを見ると黒いスーツを着た人より工場の従業員”役”の人たちは小さいです。

本当にバカみたいな話で笑ってしまいました。
国は、こういうことをしたのははじめてのことと言っているけど、本当かどうかわからないですね。

このニュースはラジオでは今どんどん大きいニュースになっているけど、フランスの国のテレビと、サルコジの友達が社長のテレビではぜんぜん言いません。

変な国・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
人気ブログランキングへ

-----------------------------------
フランス人はどうやって出会って、恋をするのか。を書いた本です。
Create your own banner at mybannermaker.com!

2009/09/04

将来が楽しみなフランスと将来が不安な日本 éducation nationale


フランスは税金が高いと不満がある人は多いかもしれません。物を買っても外で食事をしてもワインを飲んでも、高い税金を国へ払います。
電気、水道、電車、銀行、いろんな会社が国の会社です。
何をしてもどこへ行っても国へお金が入っているように思うかもしれません。

フランスの国の1年間の収入の割合は(だいたいですよ)44%は消費税、20%は所得税、15%は法人税、7%はタバコやアルコール、ガソリン税、5%は財産の税、8%は国の会社などの利益です。

日本はだいたい、36%が国の借金、16.5%が法人税、16%が所得税、13%が消費税です。

日本の収入のほとんどが国の借金というのはショックですが、もっと驚いたのは、フランスと日本のそのお金の使い方です。
フランスは、1番使うのが教育のためです。日本は、保険や年金のためです。フランスが教育のために使うお金は毎年増えています。日本が保険や年金のために使うお金も毎年増えています。

フランスでは、学校に行く子供に平均で1年間に6700€(だいたい100万円)をあげます。
子供の教育のためにお金をたくさん使っています。学校はもちろんただです。お昼ごはんはとても安いです。学校に行く前には、鉛筆や服やかばんや、学校へ行くために必要なものを買うお金ももらえます。将来がある子供のために投資することはとても大切なことだと考えます。

日本はどうですか?年金や保険を払うことはもちろん大切なことですが、保険や年金のために26%のお金が使われて、教育のために使うお金は7%くらいです。

フランスでは子供が生まれる前と生まれた後もお金がもらえます。生まれてからも国からお手伝いがたくさんあります。だから、ヨーロッパで1番子供が生まれる数が多いです。

日本は、国の借金がどんどん増えて、その利子もどんどん増えて、これからもっと老人が増えるから年金や保険などに使うお金も増えていくでしょう。

もちろん私は日本はとても素晴らしい国だと思っています。大好きですよ。でも、今の日本を見ているとどんどん心配になりました。大丈夫ですか日本?

フランスの教育省のホームページです。
http://www.education.gouv.fr/
国のホームページじゃないみたいにきれいですよ。デザインがあります。
twitterもやっています。
http://twitter.com/EducationFrance
フランスで子供と住んでいる人には新しいニュースが早くわかるのでおすすめです。

マルセルのフランス情報どうでしたか?クリックして応援お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
人気ブログランキングへ

-----------------------------------
フランス人はどうやって出会って、恋をするのか。を書いた本です。
Create your own banner at mybannermaker.com!

2009/09/02

フランスのおもしろCM publicité Conforama

昨日テレビを見ていたらおもしろいCMがあったので紹介します。
これはフランスの家具や家の色々なものを売っている店ConforamaのCMです。
インターネットで何でも買えます。
こんなことがあったら、カーテンを買いましょう。


フランスの子供は18歳になったら両親の家から出ます。ケーキにはバイバイと書いてあります。


笑顔になった人はクリックして下さい:-)

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
人気ブログランキングへ

-----------------------------------
フランス人はどうやって出会って、恋をするのか。を書いた本です。
Create your own banner at mybannermaker.com!
-----------------------------------

2009/09/01

全てが始まる月 a rentrée littéraire


9月は全てのはじまりの月です。
子供たちは学校がはじまります。大人は仕事がはじまります。ラジオやテレビは新しい番組がはじまります。新しい生活がはじまるので、新しい車を買う人、服を買う人、新しい家を探す人がたくさんいます。だからビジネスでも9月ははじまりの月です。

本が発売されるのも9月です。(本当は8月の真ん中くらいからですが・・・)もちろん1年中本は発売されますが、9月に1番たくさんの本が発売されます。今年は659冊の本が発売されました。
私の友達が世界のレシピを紹介する本を去年から作っていましたが、それが私のところへ送られてきたのも8月の終わりでした。(ちなみにこの本には私も出ています。もし見つけた人がいたらおもしろいことですね。)

最近は、本を自分で書く人が増えています。書かないなら、どうして本を書かないの?と言われるくらい本を書く人が多いです。
でも、出版社が本を出してくれることは0.01%くらいのことです。だから自分で印刷の会社を探す人がほとんどです。そこで、最近できた新しいビジネスは本を出したい人のお手伝いをする仕事です。間違っていることが無いかチェックして印刷の会社を探してくれます。
みなさんも来年の9月に発売するために今から本を書いてみたらどうですか。

クリックでマルセルの応援をお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
人気ブログランキングへ

-----------------------------------
フランスでもフランス語教室でも教えてくれなかった、フランス人のこと。
Create your own banner at mybannermaker.com!
-----------------------------------
Related Posts with Thumbnails