2009/06/19

犬と猫もパスポートがいりますよ Passeport pour Chiens et Chats


フランス人の52%がペットを飼っています。
その中で90%以上のペットが耳の中に安全のための番号をタトゥーしています。
ペットショップで売っている犬や猫は最初からタトゥーがあります。
生まれた子犬をもらったら自分で動物病院にいってタトゥーをします。
これは、絶対しないといけないことではないけど、ペットがいなくなったときのためや安全のためにほとんどの人がします。
もしペットがいなくなって番号がなかったら、警察が捕まえても飼い主をさがしてくれません。持っていってしまいます。

最近は、タトゥーよりチップを入れる人が多いです。チップは米の粒くらいの大きさです。
フランスの中にいるだけなら絶対しないといけないことはないけど、もしヨーロッパの中をペットと一緒に行くなら絶対にチップかタトゥーが必要です。
2010年からはチップだけになります。
警察や税関や動物病院の人がスキャナーを持っています。

そしてもうひとつ絶対にいるのは、パスポートです。
このパスポートは注射しているかどうか、誰のペットかなどいろんなことがわかります。
パスポートは動物病院で作ります。
パスポートもチップもフランスの中だけにいるならいらないけど、フランスの外に行くなら絶対にいります。

もうヴァカンスのシーズンですね。ヨーロッパの中をペットと一緒に旅行するならパスポートを作りましょう。

日本ではチップやタトゥーはあまりしないと聞きました。ペットがいなくなったらどうやって見つけるのかな?
ちなみにマルセルは自転車に乗っているときに犬に2回かまれたことあります。まだ傷あります。フランスの大きい犬は凶暴です。
かまれたことある人もない人も、2回かまれたマルセルに同情して1クリックをお願いします:-) Bon week-end!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
人気ブログランキングへ

-----------------------------------
フランスでもフランス語教室でも教えてくれなかった、フランス人の男のこと。
Create your own banner at mybannermaker.com!
-----------------------------------

2 件のコメント:

junjun さんのコメント...

マルセルさんこんにちは。

うちにも猫がいます、パスポ-トをもらったときには「かわいい~」って思っちゃいました。

さすがペット王国フランスですよね。

犬も猫も大事な家族です、万一のことを考えてチップを入れるのって大切ですよね。

日本では、ペットがいなくなるとただただ探します。
それでも結構みんなが協力してくれて見つかるみたいですけれども。

ただ捕獲されて何日かで殺されてしまう犬とかもいます、それを防ぐためにも、それから途中で飼う事を放棄してしまうだらしない飼い主をけん制するためにも、このチップいいって思うんですけれどもね。

マルセルさんはなにかペット飼っていますか?

Marcel さんのコメント...

junjunさんこんにちは。
私はペットを飼っていないですよ。
今はフランスにずっといないから飼うのが難しいです。
コメントありがとうございます:-)

Related Posts with Thumbnails