2009/03/30

簡単に逮捕するフランスの警察 Alcool a velo


先週の木曜日の夜、ボルドーで10人が逮捕されました。

容疑は、自転車の飲酒運転。

フランスでは車の飲酒運転はもちろん、自転車の飲酒運転をしても、酔っ払って外を歩いていても逮捕されます。

特に木曜日はどんな町でも学生たちがパーティーをします。
金曜日に実家に帰るから木曜日の夜にパーティーをします。

そんな人たちをターゲットにしたかはわからないけど、この日警察は自転車に乗っている人をターゲットに調べました。

逮捕されると、警察で寝ることになります。男性でも女性でも服を取られてパンツだけにならないといけません。

ボルドーでは、前から車と自転車の事故が多かったみたいです。
だから警察は厳しくしました。
3月初めから1000人以上が逮捕されました。

ボルドーに住んでる人たちは、「ボルドーはワインが世界中で有名なのに、簡単にワイン飲んで帰れないなんて!!」と怒るけど、私もそう思うけど、法律は新しく出来たわけじゃないです。
ずっと前からこの法律はあるけど、警察が急に厳しくなっただけ。

そう、フランスの警察は厳しいです。
すごい厳しい。

厳しいには理由がありました。
それは、警察のトップの人の中で1時間の中に何人逮捕しないといけないというノルマがあることが最近わかりました。
みんなこれには怒っています。
安全のためにじゃなくて、お金のためにノルマがあります。
逮捕して罰金をいっぱいとるために。

だからフランスの警察はすぐ逮捕したがるみたいです。

例えば、シートベルト。
車がスタートして、スピードが5kmくらいのときにシートベルトを付けようとしていても捕まえるし、
簡単にスピードが出るところでチェックして捕まえるし、
少しだけのスピードオーバーで捕まえる。
安全のためじゃない。ぜんぜんやさしい感じじゃない。

フランスでは外で酔っ払って歩いているだけで免許のポイントが取られます。
車の免許だけじゃなくて、ポイントがなくなると持っている全部の免許を取られてしまいます。
船の免許も飛行機の免許もハンティングの免許も、全部の免許が取られます。

フランスでお酒を飲んで酔っ払って外を歩くのは、くれぐれも注意してください。
全部の免許を失うか。パンツだけで警察に寝るか。
警察のお金儲けのお手伝いはしたくないですね。

ではまたね。

クリックでマルセルの応援お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
人気ブログランキングへ

-----------------------------------
フランスでもフランス語教室でも教えてくれなかった、フランス人の男のこと。
フランス男なんて簡単だな!!!
Create your own banner at mybannermaker.com!
-----------------------------------

2 件のコメント:

junjun さんのコメント...

マルセルさんこんにちは、これ私も腹が立っています、だってワインのラフォアかなんだかの集まりの後ですよね、どう考えても警察が張っていたとしか思えないシチュエ-ションです。

この人たち車じゃいけないって思ってわざわざ自転車で来ている人もいたと思うのです。

ボルド-は道が狭く、たとえばせっかく自転車用の道があっても、歩道、路上駐車、自転車用の道、車道というように私のような子供連れには怖くてこんなところで自転車に乗れないって感じなんです。

警察も今お金がなくて大変なんでしょうね、そうでなくても暖かくなり始めて警察がうようよ出初めているところ、いい鴨にならないようにこっちも十分気をつけなくてはいけませんね。

Marcel さんのコメント...

junjunさんこんにちは。
ID持ってないだけで捕まることあるから気をつけてね。
フランス人は警察が大嫌いX-)

Related Posts with Thumbnails