2008/11/27

フランスのホームレス SDF



SDFというのは、家がなくて外で寝ている人のこと。
11月はパリのみんながジョギングするようなところでSDFの人が3人亡くなりました。
冬になるととてもよく聞くニュースです。
2008年だけで150人亡くなったよ

でもね、フランスにはSDFの人が泊まれるセンターや仕事見つけるセンターがたくさんある。
NGOや町がいっぱいお手伝いしてるよ。
でもSDFの人たちはそこに行かずに外で寝てるから、たくさんの人が寒くて死んじゃうよ。

国は、これからは外にいるSDFの人を見つけたら、センターに行きたくなくてもみんなをセンターに連れて行くことにしたよ。

もう寒くて死ぬ人がいなくなるといいね。
でもSDFの人たちにもその人たちの世界があるからね。行きたくないのかもしれないね。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
人気ブログランキングへ

クリックでマルセルの応援お願いします。

読んでくれてありがとう!!コメント・読者待ってるね:-)
----------------------------
マルセルからのフランスグルメニュースレター購読者募集中ワイン
http://allomarcel2.blogspot.com/

週5日、月曜日~金曜日のお届けします
うれしいおいしい情報が毎日! 

----------------------------

2 件のコメント:

ti- さんのコメント...

はじめまして。
いつも楽しく読んでいます。

ホームレス。
どこの国にもある悲しい問題ですね。
以前カナダに住んでいる時に、ホームレスの少年が「It's my birthday」と書いたボードも持っているのを見て、この人も愛されて生まれてきたはずなのに・・・と悲しい気持ちになりました。
空腹や寒くて死んでしまう人が世界からいなくなればいいのに、と思います。

Marcel さんのコメント...

ti- さん
はじめまして。コメントありがとう。
SDFの人たちを助ける人たちがフランスにはたくさんいる。
だからセンターに行って、仕事を見つけるべきと思うよ。
今は経済大変だからこういう人たちが増えてるね。
またコメントしてね。
ありがとう。
またね
Marcel

Related Posts with Thumbnails