2008/11/20

先生たちのストライキ Greve des profs



前に書いたように、今日は先生たちのストライキです。

国の学校の先生たちみんなです。

先生たちがストライキをすると困るのは、働いているお父さんとお母さんです。

先生のストライキのたびに、仕事をお休みするか、どうにかしないといけません。

今年から、国が法律を作りました。

先生たちのストライキのときに市役所が子供たちのために何かしないといけないという法律です。

例えば、学校に800人の子供がいるなら市役所は55人の大人を用意しないといけません。

でも、55人の人を子供のために用意したら市役所の仕事は何もできません。だからすごく困ります。

市役所は仕方ないので、今日は子供のために市役所をお休みします。

まだ全部の市役所はやっていません。市役所は国に怒っています!!

先生は国に怒ってストライキ、それで市役所困って、国に怒る・・・

なんか、ロープをひっぱり合ってるみたい。

片方がよかったら、片方が困ってるね。

それにしても、先生たちは1年間に4ヶ月お休みあるんだよ。

怒らなくてもいいのにね。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
人気ブログランキングへ

クリックでマルセルの応援お願いします。

読んでくれてありがとう!!コメント・読者待ってるね:-)
----------------------------
マルセルからのフランスグルメニュースレター購読者募集中ワイン
http://allomarcel2.blogspot.com/

今日は、パリのおいしい店と
今月の特集、今が旬フランスのきのこの話 

----------------------------

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

Enchante! noriと申します。

フランス語がまだ全然理解できていない駐在妻です。
マルセルさんのブログの記事、いつもとても役に立ってます!

本日は娘たちのecoleでもストライキしてます。国は、先生たちの要求にどう返答するつもりなのでしょう?もしご存知でしたら教えてください。

nori さんのコメント...

度々すみません。

匿名にするつもりはなかったんですが・・
操作を間違えました!

tutu さんのコメント...

こんにちわ!初めまして。
パリで暮らしている小学生の子供を持つ母です。
今日は学校のストライキでしたが
私の子供の学校は平常通り授業が行われたようです。
前回のストも同じでした。
学校によってストでもやっている所があるのですね

Marcel さんのコメント...

noriさん tutu さん
コメントありがとう!うれしいです。

ストライキをやっている学校は、国の学校だけね。プライベートの学校はやらないよ。国の学校でも、70%がストライキをして30%はやらなかったよ。町によって左翼と右翼があって、30%のほとんどは左の町だよ。

国が先生に答えることはまだわからないけど、フランスの学校はほとんどただだから、国はお金が大変。
だから国は学校も先生も少なくしたいと思ってるよ。
先生の給料を少し上げるだけでもお金がすごくいるから、お金が大変な今はアップしないとおもうよ。

Related Posts with Thumbnails