2008/11/28

仕事探しています Chomeurs



Chomeursは仕事を探している人のことを言うよ。
今フランスでは仕事を探している人が、2,004,500人います。
これは1993年の不景気のときと同じくらい。
これは仕事を探すために登録している人の数で、仕事してない人はもっといっぱいいるよ。

9月10月からみると+2.4%増えた。
1年では4%増えたよ。

会社は今は新しいスタッフがいらないから、
特に若い男性たちが仕事を見つけることが大変。

今日の絵を見てね。
これは20年前のジョーク
1人のChomeursが仕事を探すエージェンシーのところに行って、エージェンシーの女の人と話してるよ。
男の人は”私はあなたのおかげでお金をもらうことができるよ”
女の人は”私はあなたのおかげでお金をもらうことができるよ”

Chomeursの人がいなくなったら、エージェンシーの仕事がなくなる。
次はエージェンシーの人がChomeursになるから、エージェンシーに行く・・・
終わらないよ!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
人気ブログランキングへ

クリックでマルセルの応援お願いします。

読んでくれてありがとう!!コメント・読者待ってるね:-)
----------------------------
マルセルからのフランスグルメニュースレター購読者募集中ワイン
http://allomarcel2.blogspot.com/

週5日、月曜日~金曜日のお届けします
うれしいおいしい情報が毎日! 

----------------------------


Un salidou offert pour toute commande

2 件のコメント:

junjun さんのコメント...

マルセルさんこんにちは、寒くなってきましたね、今朝ボルドーは-1度でした!

働いていない人多いですよね、この時期は大きなスーパーに行くと必ず、お金頂戴って言う人がいます。最初はびっくりしたけど、何でこんなに平気でお金頂戴なんていえるのかしら、、ってびっくりです。

この間テレビを見ていたら、クリスマスのために生活保護の人たちに200ユーロづつあげるって言ってました。はっきり言って毎月うちのだんなのサラリーからはかなりの額がそういう人たちのために引かれていますし、生活保護を受けたほうが働いていて少ないサラリーをもらうより効率がいい、って言うのも聞きました。

働いていないのに子供をどんどん作って、支給の家に住んでいる人とかもいますよね、

フランスってなんだかちゃんと仕事している人は馬鹿みたい!っておもうのはわたしだけでしょうか。。

ところで、クリスマスのための200ユーロってまさか、クリスマスをお祝いしない宗教の人たちには出ないでしょうね?

なんだか最近ちょっとフランスって悲しいなって思っています。

Marcel さんのコメント...

junjun さん
-1度!寒いね!

働かないで子供を産んでお金もらって暮らす方が楽と考える人は多いね。
平気でお金もらう人は、その生活がしたいからしてる人が多いよ。
毎日働くのが嫌だからお金もらって生活した方が簡単って考えてる。
若い子でも多いよ。

もちろんクリスマス関係ない宗教の人にもあげるよ。国がやってることだからね。

そうだね。お休みのためにヨーロッパ行くのはすごく楽しいけど、お金のことを考えるとちょっと悲しくなるかもしれないね。ヨーロッパはほとんどそういう国が多いね。

Related Posts with Thumbnails